まえをむいて。

2009年にロースクール卒業。 司法試験受験回数0回。 平日は4歳と8歳の子育てをする主婦、 週末は仕事、をしつつ、 予備試験・司法試験合格を目指しています。 いまから、ここから、はじめます。 まえをむいて。

多角的な視点で。

 

小学生だった頃。

習い事に向かう車で 窓のそとをみながら

流れてくるラジオをぼんやり聴いていた。

話者が最近読んだ本の内容と感想を紹介する番組だった。

 

そのときは たしか…『裁判官のプリズム』とか言う題名の本を紹介していた。

(Amazonで検索してみたけれど該当なしでした…ざんねんなことに正確な題名が不明です。)

普通にみていたら一筋の透明な光なのだけれど、

裁判官というひとは、その心にプリズム

(※プリズム・・・太陽の光をガラスのプリズムに当てると、虹のような光の帯が現れます。

これを太陽光のスペクトルと言います。

白く見える太陽の光は、実はさまざまな色の光が混ざっていて、プリズムに通すことでそれが分けられる仕組みです。)

を持っているので、

ひとつの事実を多角的に観察、分析し、もっとも妥当な結論を導き出すことができる…

というようなことを話していた。

 

自分の頭のなかを車窓から眺めたままに流れていた景色が、

一瞬にして 透明な光がプリズムを通過して

虹色に彩られる理科の教科書でみた写真に切り替わった。

 

裁判官って、法律家って、なんてすごいのだろう…

かっこいいなぁ。素敵だなぁ。と幼心に思った。

 

 

法律を学んでいて、憲法、民法を学習しているときにも感じたけれど、

いま刑法を学習していてとくに感じるのは

自分の視点をあっちゃこっちゃに移動させながら、

思考し結論を紡ぎ出すことの繰り返しだなぁ、

こりゃ何かの修行みたいだなぁ、ということである。

勉強開始後ほどなく 思考の負荷がおおきく

頭から煙が上がってくるのは私だけだろうか…

 

自説だけを固めて突き進んでいけばいい、というものではないことを、

いくつもある考え方、諸説から、正誤の判断を迫られるたびに 突きつけられるのである。

 

短答式の問題演習はページをめくるたびに

「うぅ。めんどくしゃいなぁ…」と思うのだけれど、

この視点の転換とそこから進める論理的思考の繰り返しのさきに、

『法律家のプリズム』があるのかしらん、と

さきほどふと思ったので、休憩をかねてここに記してみた。

 

 

さてさて。続きをがんばります。

プリズム…ひょっこり足元に落ちていないかなぁ。見つけたら秒で拾うんだけどなぁ。

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村