まえをむいて。

2009年にロースクール卒業。 司法試験受験回数0回。 平日は4歳と8歳の子育てをする主婦、 週末は仕事、をしつつ、 予備試験・司法試験合格を目指しています。 いまから、ここから、はじめます。 まえをむいて。

脱力ポイントを乗り越える。

 

記述式の問題演習をしていると かならず、

はぁぁぁ…つかれたぁ…。

と、ペンをぽいっと投げて、天井を見つめて

椅子をくるくる。干されたイカ🦑みたくなる

脱力ポイントがある。

 

自分の場合は いつもここ。

f:id:maewomuite:20181210152721j:image

事案の概要を整理して、使う条文を定めて、

論ずべきことを明らかにして、

さて、これらを踏まえて 答案の内容を組み立てましょうか、という段階で、

いつも 立ち止まってしまう。

 

理由はおそらく次の2つ。

ひとつめは、

「いよいよ 答案の骨子を書く段階だ。

できるだけ 丁寧かつ正確に書かなくちゃ。」という

自分に過度に求めすぎてしまうことにより生じる

気の重たさ。と

 

「だいたい事案の概要も、論ずべき事柄もわかったし、

もう これくらいでいいじゃん。

具体的な答案構成はやらずに、先にすすんじゃおう。」

という楽をしたい気持ち。

 

そして私はイカ🦑になる。

 

いまの自分には

「そんなことじゃ、受からないよ!がんばるのだ!」と

自分を叱咤激励する気力も勢いもない。困った。

 

そこで、こう考えることにして、

とりあえず いまを乗り越えることにした。

 

「明日は試験。失敗したら大変。

特別にこの紙に書いたことだけは、

試験に持ち込み、見ることを許しましょう。

さぁ何をどう書く?」

 

と、自分に言い聞かせて しぶしぶ書き始めた。

 

紙面が限られている設定なので、

自ずと要点を明確にして、

書く内容も整理し厳選するように思考が働く。

記述量が減り 書く負担も少なくなったため

だんだん 気持ちも軽くなっていった。

 

うまく脱力ポイントを乗り越えることができた。

 

スルメになる前になんとか前に進んでいかなくては。

しばらくこれで行こうと思う。

 

《自分がどこで止まってしまうか認識して 乗り越える。》

を、きょうも 少しずつ 積み重ねていく。

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村