まえをむいて。

2009年にロースクール卒業。 司法試験受験回数0回。 平日は4歳と8歳の子育てをする主婦、 週末は仕事、をしつつ、 予備試験・司法試験合格を目指しています。 いまから、ここから、はじめます。 まえをむいて。

筆記用具。

 

手が痛い。とりわけ右手のおにいさん指が痛い。

数ヶ月前から

講義を聴くことから

問題演習をすることに勉強の軸が移り、

『書く』時間が増えるにつれ

だんだん手に痛みを感じるようになってきた。

しばらく気づかないふりをしてきたけれど、

痛い。やっぱり痛い…

 

「試験用 筆記用具」とGoogle先生に相談してみると、

やはり万年筆は手にかかる負担が少なく

たくさん書く場合には適している、

多くの受験生が使用している、とのことだった。へぇ…

万年筆は重たくて 手が疲れやすいと

思い込んでいたけれど、違うのかしら。

司法試験受験生が論文試験用に万年筆を使うと

よく耳にはしてきたけれど、

これまではボールペンで事足りていたため

試したことはなかった。しかし…

このままだと、

手の痛みから 気持ちが後ろ向きになり、

書くことを遠ざけた勉強に傾いてしまいそうである。

でもやっぱり、いまはできるだけ書きたい。

書いて勉強したい。けれども手が痛い。

 

明日、文房具やさんに行って、

万年筆を試し書きしてみようと思う。

 

力を ちゃんと発揮するためには

自分の使う道具は 思う以上に 大切な役割を担っているもの。

f:id:maewomuite:20181224014023j:image

うぅ。痛いよぅ…

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村