まえをむいて。

2009年にロースクール卒業。 司法試験受験回数0回。 平日は4歳と8歳の子育てをする主婦、 週末は仕事、をしつつ、 予備試験・司法試験合格を目指しています。 いまから、ここから、はじめます。 まえをむいて。

環境を変える時。

 

ロースクールには社会人の方もいらっしゃり

自分はどちらかというと 同世代の学生よりも

社会人の方とのほうが

居心地よくお話させていただけていた気がする。

 

大企業をお辞めになり ロースクールに入学された方も多くいらっしゃり、

その方々のお話には学ぶところがたくさんあった。

 

そのなかのひとつが、

《環境を変えるタイミングは、

「ああ…もうこんな場所にはいたくない。」と思っているときではなく、

「よし!ずっとこの場所で頑張っていけるぞ。」と思っているときがベスト。》

というアドバイスであった。

 

その方自身、大企業でのお仕事が順調に進み

絶好調のときに退職され、

ロースクール入試の準備を始められたとのことだった。

もちろん、司法試験も卒業後ストレートで合格なさっていた。

 

自分はロースクール卒業後もずっと

心のなかには そのアドバイスがぐっと根ざしていて…

 

専業主婦となり ただ夫の稼ぎを

消費する存在でしかない自分自身に心底落胆していたときには、

「よし。専業主婦を極めてその道のプロになろう。」と

家庭の土台づくりという仕事を見出すキッカケを与えてくれた。

 

子育てしかしていない自分と

どんどん社会の中で自己の地位を確立していく

同級生である夫を毎日側で眺めながら

社会から取り残されていく焦りと不安で心が支配されていたときにも、

「さあ!社会に貢献する人材を育てあげる

長期にわたる子育てという意義ある仕事に

全力を尽くそう。」と

子育てをいまここにいる自分にしかできない

ミッションだと認識する力を与えてくれた。

 

すべては、いま目の前に与えられた

自分に出来ることに全力で向き合い取り組むことで

自分がいま立っている場所を

「ずっとこのままでいいなぁ。」と思うくらい

充実して満たされた場所に耕そう、という

前述のアドバイスから生まれた想いが故であった。

 

 

 

そしていま。

長年勤めてきた仕事に一旦終止符を打つ決意をした。

ほんとうに この仕事に就かせていただいてから

いまが一番良いときで 辞めたくないなぁ…

という想いが自分のなかに大きく存在している。

だからこそ。

いまが、決断の時。

名残惜しさはあるけれど、

目の前に与えられたことを心を込めて

果たしてきた先にあった決断がこれだったのだから

もう前を向いて、前だけを向いて ひたすらに

進んでいきたいなぁと思う。

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村