まえをむいて。

2009年にロースクール卒業。 司法試験受験回数0回。 平日は4歳と8歳の子育てをする主婦、 週末は仕事、をしつつ、 予備試験・司法試験合格を目指しています。 いまから、ここから、はじめます。 まえをむいて。

祈ることしか…

 

『思い立ったらすぐ行動。』

自分の性質を伝えるのに、よく使う表現である。

 

ある物事に直面して、それに対して心が動いたとたん…

居ても立っても居られなくなり とにかく行動へと

自分のなかに膨らむ想いを結びつけようと必死になる習性がある。

 

これまでの経験を振り返ってみると、

それが良い結果をもたらしたこともあったし

空回りに終わり落ち込み反省することも多々あった。

 

空回りが続き、自分の行動が相手にとって

プラスに作用するどころか負担にすらなって

しまうばかりなのではないか、と落ち込み、

もういっそのこと 自分の想いに蓋をして

行動に移さないほうが 自他共に平和なのだ、と

思うようにしていた時期もあった。

 

自分が何かして差し上げたいけれど

果たして相手が真にそれを望んでいるのか、

かえって自分の行動が相手には迷惑に感じられるのではないか、という葛藤は

『思い立ったらすぐ行動』を行動選択の軸に持つ自分には 強く深くつきまとった。

 

 

これまで長い間。

体調面、精神面、経済面…自分ひとりでは

悔しいけれどどうにも解決できない苦難に直面し

立ち止まりそうになる度に、

たくさんの方に さまざまな形で

『助けて』いただいてきた経験を積み重ねてきた今、

ようやく自分のなかにひとつ、行動選択の選択肢が加わった。

 

それは…

 

『祈りながら じっと見守る。』

 

というものである。

悔しくもどかしいけれど、

相手のことをどれだけ心配しなんとか力になりたいと想っていても、

『祈ることしか』自分にはできない…という場面があることを、

ようやく知ることができた気がしている。

 

そして…

それは実はとても苦しいことでもあって

相手のためにと想いのままに行動することよりも、

はるかに忍耐がいることだと知った。

けれども気持ちとしては、

相手が抱える辛さや苦しみを 静かに密かに

共有しているようにも感じられる。

 

具体的に何をしてほしいか、相手に伺って

今が自分が力にになることができる「その時」でないようならば、

その時が来るまでは…

『じっと静かに祈り見守りながら準備する』

そんなふうにありたいといまは思っている。

 

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験予備試験へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 資格ブログ 司法試験へ
にほんブログ村